« 夜の到津の森とMB写(72) | Main | 秋の気配とMB写(73) »

September 02, 2015

MBG劇場(203)【難攻不落】


15925 9月2日、水曜日だよ。今日は曇りで、秋の気配も感じるね。ボク、チビだよ。今回のMBG劇場は「難攻不落」だね。ボク、グーグー兄ちゃんに譲ってあげなかったよ。回想シリーズは二年前の相棒だよ。

|

« 夜の到津の森とMB写(72) | Main | 秋の気配とMB写(73) »

ペット」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

チビちゃん、真ん中でしっかり場所取りですね〜、
寝たまま動かされないように頑張ってる^^;

いろいろ好きな場所で、寛いでますね、
ぬいぐるみが一緒に添い寝して〜^^;

Posted by: 草之丞 | September 02, 2015 11:53 PM

ミャンビックさん おはようございます。

チビちゃん大いに見習う所があるわね。
すごーい

Posted by: リリー姫 | September 03, 2015 06:23 AM

草之丞さん
チビの居座り振り・・・。
なかなか堅固です
縫いぐるみたち・・・。
何となく横にいるニャンと似てました

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 06:32 AM

リリー姫さん
おはようございます。
チビの態度、ブレませんね

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 06:34 AM

どこから攻め込まれても絶対どかないチビちゃん、大物ですねぇ
ちょっとずれれば、一緒に寝られそうだけど、真ん中がいいんですね。
相棒は空…とってもカッコいいです!

Posted by: イルカねこ | September 03, 2015 12:26 PM

チビちゃんクルクル回りながら回避していますね
何度も挑戦中のグーグーちゃんも可愛いですね!
ニャンはマットの上とか好きですね

Posted by: キャットベリー | September 03, 2015 02:15 PM

チビちゃん 守り通しましたね(*^ー゚)bグッジョブ!!
左右斜め… 
なんだかんだ言っても 早い者勝ちですよね。
グ-グ-ちゃんも 無理強いしないで
優しいいい子だね。

Posted by: cocomama | September 03, 2015 02:49 PM

チビちゃん、熟睡してたのかな?
グーグーちゃんは優しいから強い攻めが出来なかったのかも!

みんなの相棒可愛いですね❤
でも、ブーブーちゃんの相棒は空ですか!
外猫さんらしい自由な相棒ですね^^

Posted by: しげりん | September 03, 2015 09:24 PM

イルカねこさん
チビはいつも・・・。
自分中心ですね
この時のブーブー・・・
妻子を残して、今はどこかに行ってしまいました

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 11:44 PM

キャットベリーさん
そうなんです。
チビも、けっこう動いています
ニャンたち・・・。
敷物にこだわりますね

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 11:47 PM

cocomamaさん
そうなんですよね。
早い者勝ちですよね
グーグー・・・。
けっこう諦めがいいですね

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 11:49 PM

しげりんさん
チビが眠ったら・・・。
けっこうどっしりしてますね
外猫は・・・。
いろいろなものを相棒にできますね

Posted by: ミヤンビック | September 03, 2015 11:52 PM

こんにちは。
とっておきの場所は譲れませんね。^^頑張りました♪
相棒…ゆきは、子猫のころ、羊のぬいぐるみに襲い掛かってしまったので、相棒は今のところいません…ぬいぐるみとのツーショット、かわいいですよね。

Posted by: きいろひわ | September 04, 2015 10:54 AM

きいろひわさん
チビは譲りたくなかったみたいです
相棒は二年前のものだけど・・・。
登場する縫いぐるみ、どれも今は見あたりませんね

Posted by: ミヤンビック | September 04, 2015 11:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MBG劇場(203)【難攻不落】:

« 夜の到津の森とMB写(72) | Main | 秋の気配とMB写(73) »