« ズーラシアとMB写(101) | Main | 鶴見岳一気登山大会とMB写(102) »

April 06, 2016

MBG劇場(232)【留守番猫】


1646 4月6日、水曜日だよ。今日は曇りだね。ボク、チビだよ。今回のMBG劇場は留守番している時のボクたちの様子だよ。あれ、ボクは譲ってないね。回想シリーズは二年前のミーヤンの「牢名主」だよ。可笑しいね。

|

« ズーラシアとMB写(101) | Main | 鶴見岳一気登山大会とMB写(102) »

」カテゴリの記事

Comments

ミャンビックさん こんにちは。

チビちゃんがつよいのはしかたないかも。

ミーヤンちゃんは
”ママにゃん女王様”が良いわね

Posted by: リリー姫 | April 06, 2016 11:31 AM

仲よく?お留守にゃんしてくれると
外出が楽ですね~ でもチビちゃん( ´艸`)プププ
ミーヤンちゃん 牢名主!!
NAILも同じようなところあります。
私も牢名主と呼んでいました(*≧∀≦*)
最後の表情もNAILに似てた。
オンニャノコってそんなところあるんですね。

Posted by: Cocomama | April 06, 2016 11:41 AM

仲良くお留守番してると安心ですね^^
相変わらずチビちゃんは真ん中をキープしてますね(笑)
グーグーちゃん、ちょっと窮屈そうですね^^;

ミーヤンちゃんは牢名主?@@
それはちょっと可哀想です・・・
やっぱり女王様がお似合いです♪

Posted by: しげりん | April 06, 2016 08:44 PM

リリー姫さん
グーグーは7月で7歳、チビは5月(多分?)で2歳・・・。
なのに、チビが幅を利かしてます
ミーヤン・・・。
やっぱり女王様ですね

Posted by: ミヤンビック | April 06, 2016 11:20 PM

Cocomamaさん
今回2泊したんですが・・・。
ニャンたちは、上手に留守番してくれました
オンニャノコって・・・。
やっぱり女王様キャラですね

Posted by: ミヤンビック | April 06, 2016 11:24 PM

しげりんさん
チビは自分のスタイルを変えません
グーグーもなんか遠慮してます円ね
ミーヤンの牢名主は・・・。
やっぱりちょっと可哀想ですね

Posted by: ミヤンビック | April 06, 2016 11:30 PM

こんにちは~

 仲良しさんですね^^。
ちゃんとお留守番して賢いね。
チビちゃんは、やはり真ん中譲らないんだ(笑

ミーヤンちゃん、牢名主はかわいそう。
やはり、女王様が似会ってるね

Posted by: みい | April 07, 2016 03:59 PM

みいさん
くっついているところを見ると・・・。
基本、仲良しのようです
やっぱり・・・。
「牢名主」は、ひどいですね

Posted by: ミヤンビック | April 08, 2016 12:34 AM

↓ズーラシアはまだ行ったことがないので、帰省の時にぜひ行きたいと思います
仲良くお留守番してくれて、本当にお利口ですね!
安心してお出かけ出来ますね。
うちも先日、2匹になってから初めて一晩お留守番させたんですが、ドキドキでした
チビちゃんもミーヤンちゃんも、強いですね
牢名主も女王様も雰囲気でてますが、やっぱり女の子は女王様がいいかもしれませんね~

Posted by: イルカねこ | April 08, 2016 11:34 AM

イルカねこさん
今回は2泊3日だったので・・・。
相当ドキドキしましたね
でも元気でいてくれて・・・。
もう1泊ぐらいOKかと思いました
ミーヤン・・・。
タイトルを「女王様」に変更すべきですね

Posted by: ミヤンビック | April 08, 2016 11:51 PM

チビちゃんのグーグー君なかよくしてますね、
一緒に使ってるんですね〜、、、、、押し出されてるっぽいけど(笑)
真ん中で寝るのが良いのかなチビちゃんは^^;

Posted by: 草之丞 | April 09, 2016 12:18 AM

草之丞さん
チビの寝ているところに・・・。
グーグーが近寄った感じですね
まあ、仲の良いことは、良いことですね

Posted by: ミヤンビック | April 09, 2016 06:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MBG劇場(232)【留守番猫】:

« ズーラシアとMB写(101) | Main | 鶴見岳一気登山大会とMB写(102) »